今夜はガッツリ系!

広島市内で食べ歩いたご飯の記録とか。

ゾーナ・ベルピッツァ

「好きな食べ物は?」と聞かれて頭に思い浮かぶものはいくつかあるが、間違いなく自信を持って答えられるものの一つにピザがある。

 

ピザ。イタリアンに行けばかなりの確率で出あうアレ。

もっちもちの生地にフレッシュなトマト、ふわりと香るバジルの香りが食欲を刺激するピッツァ・マルゲリータ

 

はい、想像しただけで美味しいのが確定です。しかし高い!本格的なピッツァが食べたいならば、1枚1,200円は出したい所だ。

いつものように前置きが長いが、今回訪れたのは「リーズナブルに本格ピッツァが楽しめるお店」だ。その名もゾーナ・ベルピッツァ。

 

広島一の都会(自称)、博多の天神と並ぶ賑わい(自称)の本通りから1本脇に入った所にお店はある。

縦に長いビルがまるごとお店となっており、座席に着いてからタッチパネルで注文を行うシステムだ。

友人と訪れたが、迷わずにマルゲリータを注文!シンプルな味をこの日は求めていたのである。友人はディアボラ(だったかな?)を注文。ワクワクしながら喋りつつ待つ。

 

ちなみに1Fにピザ窯があり、そちらで薪を使って焼いていると思われる。美味しくない訳がない・・・!

 

焼き上がるまでしばらく時間がかかったが、無事に持ってきてくれた。

美味しいピッツァを焼いていると思えば全然問題ない待ち時間だ。

f:id:gosyuuuu:20180523220303j:plain

まずはマルゲリータ

王道オブ王道ともいう基本のピッツァだが、シンプルゆえに奥深いのだ。

さあ、一口。

 

完璧だ。

ナポリピッツァの基本である、真ん中薄く外側厚くを徹底しており、生地のもちもち感をしっかり感じられる。

トマトソースもしっかり煮込んでいるのだろう、風味が損なわれず鼻に抜ける爽やかさがある。モッツァレラチーズの伸びっぷりも素晴らしいの一言に尽きる。

美味い、美味すぎる。手が止められない。

もう1品、ディアボラ(仮)がこちら。

 

f:id:gosyuuuu:20180523220835j:plain

 

チョリソー、ベーコン、チーズとこんなん絶対美味いやんの組み合わせ。

こちらもモチモチかつピリ辛のチョリソーが良いアクセントになり、食欲をムクムクと刺激されながら食べていく。

ピザにはコーラがジャスティスだと個人的に思っているが、コーラの爽快感とも

ばっちり合う。

 

これ程美味しいピザが何と3ケタ、それも600円前後から食べられるのは驚異的を通り越して感謝しか出てこない。

 

ピザ食べたい!その気持ちにしっかりと応える素敵なお店だ。

 

ご馳走様でした!

四川麻婆豆腐 辣婆

最近暖かくなった事もあり、アウトドア熱が高まってきているのだが、本通り近辺で色々と物色した帰り道。

そういえばサンモールに入った事がないと思い、ブラブラとお店を見て回った時である。

なんと、麻婆丼を出すというお店があるではないか!その名も辣婆(ラーボー)。麻婆丼をメインに置いた珍しいお店だ。

 

ともあれ入ってみる。中はカウンター席のみ数席ありややこじんまりとしている。麻婆丼と麻辣丼が選べるようだが、ここは素直に麻婆丼をセレクト。

お店に漂う香りに期待値を高められる。果たしてどれ程の麻婆を出すのか、見せてもらおうか。

 

しばし待つと麻婆丼が提供された。なかなか早い。

 

f:id:gosyuuuu:20180508202030j:image

 

真っ赤な器に盛り付けられた麻婆丼。強烈な風味はしないが純粋に食欲をそそる匂いと見た目をしている。

広島県民的には赤いだけでカープ感があり勝手に喜ぶものだ。

 

f:id:gosyuuuu:20180508202236j:image

 

一口食べてみると…お、それ程辛くない。

ヒーヒー言う激辛好きには物足りないレベルではあるが、食べ進めるうちにじんわり汗がにじむタイプの辛さだ。物足りなければ卓上にある山椒をお好みで振れるのもありがたい。挽きたての山椒の良い香りがそそるそそる。

 

最後までペースが落ちる事なく完食!次は麻辣丼にしても良いかも知れない。どちらかといえば甜麺醤の風味が強い技巧派麻婆であった。

何よりもこの内容で580円なのだからかなりの努力を感じる。直球勝負で清々しい麻婆を出すお店だ。

 

ご馳走様でした!

広告を非表示にする

餃子センター

サラリーマンと切り離すことのできないとある料理がある。それは餃子である。

上司に怒られヤケ酒を行う時。仲間と楽しく飲む時。自分へのご褒美を味わう時。

常にサラリーマンの傍らには餃子がある。え、ない?いやあるはずだ。

今回はそんな餃子を店名に冠したお店である。

 

広島の歓楽街こと流川(ながれかわ、るかわではない)の中心ストリートから脇道へと入って行った通りにそのお店はある。見た目はボロボロ、のれんもややくたびれているのだが、それだけに味で勝負している感があり素晴らしい。

 

かなりの人気店らしく、何度か足を運んでも満席で断られた経緯があり、今回やっと入店が叶ったのだ。

座席に着いてまずは焼き餃子を2人前注文。また、炒飯も有名だという事でそちらも注文した。会社の同期と近況を話しつつ期待に胸を膨らませる。

中華料理屋はそれなりに回ったつもりだったが、餃子専門店は想定していなかった。次からは捜索範囲を広げる必要がありそうだ。

 

そうこうしているとまずは焼き餃子が出された。

 

f:id:gosyuuuu:20180504140828j:image

 

見事、というほかない。盛り付けに美しさを感じるとは…味の方はどうだろうか。

タレにネギを山盛りに入れ、ラー油を垂らして食べるのが通らしいが、それがとにかく合っているのだ。ネギのシャキシャキ感に餃子の中の肉汁が呼応し、香味野菜の風味がほのかに感じられる。伊達に店名に餃子とつけていないな。

お次は炒飯が到着。

 

f:id:gosyuuuu:20180504141201j:image

あまりにも美味しそうすぎて一口食べているのは許してほしい。

味は…想像以上だった。突飛な味付けはしていないのだが、肉、卵、ネギのシンプルな具材からパラッパラの絶品炒飯となっていた。基本にして王道を往く、簡単そうでここまでの味にはなかなかならない。

広島炒飯ランキングのトップ3には間違いなく入る味だ。美味しすぎて会話も忘れ、しばし黙々と食べ進める。

これに気を良くして麻婆丼なるものも頼んでしまった。どこまでのポテンシャルを持っているのか、見せてもらおう。

 

f:id:gosyuuuu:20180504141807j:image

 

見た目はそこそこ。それ程辣油や山椒が踊っているようではない。味を見てみよう。

 

これは…普通だ。

丸美屋の麻婆並みというか、辛味の中の旨味などはなく、ご家庭の麻婆の域を出ていない。少ししょんぼりとしてしまう。

 

しかし、餃子と炒飯は相当なレベルの高さを誇っているため、そちらを求めてまた来ることになるだろう。激戦区、流川で老舗として生き残っている、その理由を感じられた一日だった。

 

ご馳走様でした!

広告を非表示にする

伝説のスタ丼屋

都会には当たり前にあるものでも地方都市では珍しい事がままある。

今回はその一つ、伝説のすた丼屋に行ったものだ。

 

広島県内では廿日市ゆめタウンにしか存在せず、広島市内住みにはやや遠くにあり、これまで伺えていなかったがちょうど良いタイミングがあり、突撃した次第である。

フードコートの中ではお隣に丸亀製麺、更に隣にいきなりステーキとの並びにガッツリ魂が刺激される。

お店の前から既に漂う強烈なニンニク臭に、しかし怯まず突っ込んでいった。

肉増しの並丼を注文し、しばし席に着いて待つ。フードコート内では子供達がはしゃいで走り回っている。

いつもサラリーマンのひしめく戦場のようなお昼を味わっているだけに場違い感が半端ではない。

 

しばし居心地の悪さを感じていると完成の呼び出しベルが鳴った。お店に駆けつけお目当のブツを受け取る。

 

f:id:gosyuuuu:20180504134814j:image

 

噂に違わぬ風貌。ガッツリのオーラが溢れ出しておるわい。

まずはお肉を一口。

 

塩辛い!とにかくもしょっぱいのだ。これは毎日食べれば寿命を削るレベルだろう。だがそれが美味いのだ。

 

卵を投入して本格的に食べ進めていこう。

 

f:id:gosyuuuu:20180504135200j:image

 

投入された卵のおかげでマイルドさは増したものの、強烈なニンニク&ネギの風味が白米と強烈なタッグで攻め込んでくる。

焼き肉とはまた違った白米とのコンボに手が止まらない。しかしまあ、食べてもなかなか減らないのだ。

味はパンチ力があるうえに、持久力も兼ね備えた恐ろしい食事だぜ、と慄く。

これが職場の近くにあったら危険すぎるという感想が浮かんできた。

 

しかしお腹が空いていた事もあり、しっかりと完食して大満足であった。

しばらくは食べたいと思えそうにないが、この手の食事は間が空くと猛烈に身体が欲するのでその時には再訪するだろう。

 

ご馳走様でした!

広告を非表示にする

四川麻婆専家 辣辣(しせんまーぼーせんか らーらー)

中華、ことに麻婆豆腐が好きだという話を広島歴の長い人にするとよくお薦めされるお店がいくつかあるのだが、その中でも特に推されるのが今回伺った四川麻婆専家 辣辣、通称ラーラーである。

とにかく食べてみれば分かる、というありがたいお言葉を頂いたので突撃してきた。

 

場所は市役所からやや離れた大手町(だろうか?)、鷹野橋商店街から少し離れた場所にある。

交差点にばっちり面したポジションで見つけやすかった。いざ入店。

 

少し遅めの時間だったためか、既にほぼ満席だが、カウンターの人がちょうど出ようとしていた。

やや愛想のない奥さんから指示を受けつつ着席。今回の目的である麻婆豆腐セットを迷わず頼む。

カウンターだと大将の仕事ぶりが良く見えるのだが、中華特有の大火力を活かしつつ、細かく賽の目に切りそろえられた豆腐をしっかりと茹で上げ、鍋に投入していた。

既に美味しいと予感させる仕事ぶり…さすがやでえ。

 

しばし待っているとお待ちかねの品が提供された。

 

f:id:gosyuuuu:20180422125525j:image

シンプル極まりない定食だが、辛さが香りからひしひしと伝わってくる。まずい、ヨダレが止まらん。。。

 

f:id:gosyuuuu:20180422125640j:image

いざ実食。…っ!!

食べてみれば分かる、との言葉通りである。これは美味しい。麻と辣の辛さの配分が絶妙で、辛すぎないのに味の奥に深い旨みを感じる。

挽肉が主役の麻婆も多いのだが、これはどう考えても豆腐が主役だ。辛味を纏って恐るべき存在へと進化している。

更なる辛味を求める人は卓上にある山椒をミルで削ってふりかける事も出来る。

 

汗を額から吹き出しつつ一気に完食した。700円台でこのクオリティの麻婆豆腐が食べられる事にただ驚きである。

 

コスパという観点を含めれば、現時点での麻婆界で最上級に位置するお店であろう。もっと早く来れば良かった、とすら思える。

 

辛さで何かを吹き飛ばしたくなった時、必ずや再訪すると思えるお店であった。

 

ご馳走様でした!

 

 

中国料理 安記

社畜らしく、日々年度末の余波に苦しめられつつ仕事をこなしていたが、やはり中華を欲する心は止められない。

というわけで今回行ったのは御幸橋近くの交差点を吉島方面へ南下すればすぐ見える「中国料理 安記」。前から存在は知っており、気になっていたのだ。

 

お昼時、少し早い時間に伺ったので、まだお客さんは2,3名のみ。

2人席に通してもらい、メニューとにらめっこする。この日はチャーハンの気分だったのでそちらにしよう…と思ったが、セットで餃子付きもあるとの事。

こりゃー頼むしかねえでー、と迷わず炒飯餃子セットを注文。

 

いかにも町の中華屋さんという良い意味で年季の入った店内を眺めていると、ささっと提供された。良いスピード感だ。

 

f:id:gosyuuuu:20180422123123j:image

 

まずは炒飯からの提供。サラダやスープも付いていてありがたい。スープはよくある中華スープではなく、コーンの旨味たっぷりの若干変則的なものだった。

 

f:id:gosyuuuu:20180422123240j:image

 

炒飯は良く炒められており、パラパラッと見事なほぐされ具合だ。味も素朴なので次から次へとかきこんでいってしまう。かなり当たりのお店ではないだろうか。

 

f:id:gosyuuuu:20180422123436j:image

 

そして今回驚いたのは餃子だ。見た目はありふれた冷食餃子の如き雰囲気だが、中に入った肉ダネの味付けがしっかりとしており、2口で食べようとすれば肉汁が溢れ出て飛び出すのだ。

餃子の気分の日はこれだけ食べに来ても良いくらいの完成度だ。美味しい餃子もまた貴重なのでありがたく食す。

 

セットで750円ほどと価格も良心的なのだ、これはローテーションに入ってくるレベルだと感じた。満足感を胸にお店を後にした。

 

ご馳走様でした!

広告を非表示にする

【番外編】魚神(香川県)

祖父の7回忌があるという事で実家に帰省したのだが、その際に行ったお店について書こうと思う。

 

さすがに7回忌ともなると親族の参加もほとんどなく、お坊さんからお経と有難い話を聞くだけでつつがなく終了した。

少しこの世の儚さに思いを馳せつつ、せっかくなのでとお昼ご飯を食べに行ったのが「魚神」というお店だ。

 

ザ・郊外とも言うべきど田舎一直線の場所になさあるのだが、車社会の香川県では距離はそう大した問題ではないのだ。

さてお店の方はというと、いかにも法事後の会食で使えるお店といった趣だ。個室で卓を囲んで思い出話に花を咲かせる。

目玉メニューとして扱われていた魚神定食を選ぶ。写真を見ただけでも美味しそうだが、実物はこれいかに。

近況報告やら、同級生の誰それ君が今度結婚するだの、田舎感全開のトークをしていると運ばれてきた。

 

f:id:gosyuuuu:20180412235948j:image

 

圧倒的、という言葉に尽きる。マグロ丼だけでも十分なのにお刺身天ぷら茶碗蒸しと全力フルバーストを叩き込んで来ているではないか。

まずはお刺身から。

 

f:id:gosyuuuu:20180413000155j:image

 

美味しい!鯛とハマチのお刺身が鮮度を保つように氷で冷やされており、身が引き締まっている。鯛はコリっとした食感が感じられる程の鮮度だ。

お次はマグロ丼へと手を伸ばす。

 

f:id:gosyuuuu:20180413000405j:image

ネギトロが真ん中に載せられつつも大きな切り身が存在感を示す。こちらも美味い!

ご飯は白米か酢飯か選択でき、酢飯にしたのだが酢による爽やかさでグイグイ食べ進んでいける。

自然と会話も弾み、美味しい料理は次々とお腹に収まっていく。肩肘張らずに過ごせるという点でおばあちゃんの家に行ったような大らかさのお店であった。

 

また機会があればぜひ来たいと思わせる味と雰囲気だった。久しぶりの贅沢は良いものだ…!

 

ご馳走様でした!